サイトマップ RSS

好きなものにしがみついて何とか生きる 幅允孝 (4/5ページ)

2015.3.24 17:00

米カリフォルニア州ビバリーヒルズに昨年秋オープンしたレストラン「モード」のワインセラー。どんな人気店でも続けることには覚悟がいる=2015年3月5日(AP)

米カリフォルニア州ビバリーヒルズに昨年秋オープンしたレストラン「モード」のワインセラー。どんな人気店でも続けることには覚悟がいる=2015年3月5日(AP)【拡大】

  • 作家、井川直子さん(提供写真)
  • 「シェフを『つづける』ということ」(井川直子著/ミシマ社、1800円+税、提供写真)
  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 問題、障害を耐え忍び

 10年前に取材したシェフたちに、当時の井川が尋ねた「10年後」の夢。その想像通りに進んでいる者はほとんどいない。だが、それでいいじゃないか。それがいいじゃないか。料理の悩みだけでなく、経営難や健康の問題など、次々とやってくる想定外のできごとにシェフたちは何とか耐え忍ぶ。そして、つねに足りない自身を痛感しつつ、彼らは自分なりの料理を求め「つづける」のだ。

 「求める者に、道は拓ける」。あとがきで井川が記したこの一言は、まさにシェフたちの道程を照らすものだ。そして、グランメゾンだろうが、ささやかな小さな店だろうが、「つづける」覚悟を持った者たちの物語はすがすがしい。

 思えば、僕もブックディレクターなぞという職業の会社を始め、今年で10年。苦労もしたし、会社が潰れる恐怖を抱くことも何度かあった。それでも結局、好きなものにしがみついて何とか生き抜いてやろうという気持ちでここまでやってきたわけだが、シェフたちの話は不思議と僕自身を奮い立たせた。そして、彼らの10年を一杯やりながらねぎらいたいなぁなどと思っていたら、僕自身の労苦と交わり不意に涙が出てきてしまったのだ。驚いたことに。

70年代生まれの応援歌

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ