サイトマップ RSS

“郷愁”頼みのハリウッド映画 続編花盛り…中高年に訴える作品増える (1/4ページ)

2015.6.16 07:00

ユニバーサル・ピクチャーズが公開した「ジュラシック・ワールド」のシーン。前評判は芳しくなかったが、ふたを開けてみると、予想外の記録的な滑り出しとなった=2015年(AP)

ユニバーサル・ピクチャーズが公開した「ジュラシック・ワールド」のシーン。前評判は芳しくなかったが、ふたを開けてみると、予想外の記録的な滑り出しとなった=2015年(AP)【拡大】

  • 大ヒット中の映画「ジュラシック・ワールド」

 世界約60カ国・地域で先週公開された米ハリウッドの娯楽大作映画「ジュラシック・ワールド」が、12~14日の週末3日間に5億1180万ドル(約630億円)の興行収入を上げ、歴代最高額を記録した。

 1993年に公開された大ヒット映画「ジュラシック・パーク」シリーズの第4作だが、公開前は米メディアから酷評されていた。

 予想外のヒットの最大の理由は、「ノスタルジー(郷愁)」。第1作を見た人たちが懐かしさから劇場に押し寄せたという。ハリウッドでは、若者の足が劇場から遠のくなか、「昔の名前」に頼った安易な続編やリメークが花盛りを迎えている。

 「桁外れの成功」

 「桁外れの成功だ。この作品は世界中のファンの心を共鳴させた」

 製作・配給元の米ユニバーサル・ピクチャーズの国内配給部門のトップ、ニック・カーポウ氏は14日、AP通信にこう語り、驚きを隠さなかった。

最初の週末3日間の世界興収が推定5億ドルを超え…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ