サイトマップ RSS

山口組分裂 資金源めぐり抗争の恐れ 警察当局、情報収集を強化 厳戒態勢 (1/3ページ)

2015.8.29 07:00

山口組総本家から出る組員を乗せた乗用車=2015年8月27日、兵庫県神戸市灘区篠原本町(竹内一紘撮影)。※一部画像を加工しています。

山口組総本家から出る組員を乗せた乗用車=2015年8月27日、兵庫県神戸市灘区篠原本町(竹内一紘撮影)。※一部画像を加工しています。【拡大】

  • 2011年4月の出所後、JR新神戸駅に到着した篠田建市山口組6代目組長(中央)

 事実上の分裂状態となった国内最大の指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)をめぐり、執行部と離脱グループの間で切り崩し工作や情報戦が展開されている。離脱グループは新組織を結成する方針で、今後は「資金源獲得活動(シノギ)」をめぐる対立抗争事件の発生も危惧され、警察当局は情報収集を強化するなど厳重な警戒態勢を敷いている。

 総本部移転で派閥対立か

 離脱グループの中核は山口組5代目の渡辺芳則組長(故人)の出身母体の山健組(神戸市)で、数千人の構成員らを抱える。6代目の篠田建市(通称・司忍)組長を輩出した弘道会(名古屋市)と並び、山口組内では長年にわたり2大派閥と称されてきた。山口組内では最近、総本部を神戸市から弘道会の本拠である名古屋市に移すとの話が浮上。警察当局ではこうした動きに対する反発が分裂につながったとみている。

 日本中がバブル経済を謳歌(おうか)していたころは暴力団社会も同様で、不動産や金融など表社会のビジネスにも進出していた。その後、バブルが崩壊し、山口組内の有力組織間で資金源をめぐる衝突が増加していった。

「5代目時代は山健組に有利に。6代目になればその逆だ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ