【試乗インプレ】トランプさんが日本人にアメ車を買えと言うからキャデラックにイッキ乗りしました (5/5ページ)

  • キャデラックの最高級セダン「CT6」
  • 高速道を駆けるキャデラックの「CT6」
  • キャデラックの「CT6」
  • 富岡製糸場とキャデラックの最高級セダン「CT6」
  • 富岡製糸場とキャデラックの最高級セダン「CT6」
  • 富岡製糸場とキャデラックの最高級セダン「CT6」
  • 桜とキャデラックの最高級セダン「CT6」
  • 桜とキャデラックの最高級セダン「CT6」
  • 古民家カフェの前に駐車したキャデラック「CT6」
  • キャデラックの最高級セダン「CT6」。縦長のLEDライトが光る
  • キャデラックの「CT6」。真っ白に浮かび上がるLEDライトが美しい
  • キャデラックの「CT6」。真っ白に浮かび上がるLEDライトが美しい
  • 高速道を走るキャデラック「CT6」
  • キャデラックの最高級セダン「CT6」(右)と、高性能スポーツセダン「CTS-V」
  • キャデラックの高性能スポーツセダン「CTS-V」(左)と、最高級セダン「CT6」。富岡製糸場で撮影
  • 富岡製糸場にて、キャデラックの(左から)「CTS」「ATS-V」「CTS-V」「CT6」「ATS」
  • 富岡製糸場にて、キャデラックの(左から)「CTS」「ATS-V」「CTS-V」「CT6」「ATS」
  • 3.6リッターV6自然吸気エンジンを搭載する
  • 「CT6」のフロントグリルはゴージャスで迫力満点。キャデラックのエンブレムがこれまたカッコいい
  • 縦長のLEDヘッドランプ
  • LEDリヤコンビランプ
  • 20インチホイールとブレンボ製のブレーキ
  • 綺麗にまとまったダッシュボード。エアコンの吹き出し口は、キャデラックのエンブレムがモチーフか…
  • 「CT6」の運転席周り
  • 色鮮やかで見やすいフルカラー液晶のインパネ
  • 10.2インチのディスプレイ
  • タッチパネル式の操作スイッチ。質感は非常に高い
  • 操作系スイッチと、ハンマー型のシフトレバー。これは握りやすい
  • ダッシュボードの中央に配置した「Panaray」(パナレイ)のスピーカー
  • 大型サンルーフはここで操作。ルームミラーはカメラ映像に切り替えることもできる
  • 「CT6」のダッシュボード(魚眼レンズを使用)
  • 「CT6」のセンターコンソール(魚眼レンズを使用)
  • 高級ウッドをあしらったステアリングホイール
  • 「CT6」のドアトリム周辺(魚眼レンズを使用)
  • ハンドルの背面にある変速パドル(魚眼レンズを使用)
  • パワーウインドーのスイッチ(魚眼レンズを使用)
  • 「CT6」のセンターコンソール。一部のスマホは、パッドの上に置くだけでコードレス充電ができる(魚眼レンズを使用)
  • 「CT6」のフロントシート(魚眼レンズを使用)
  • 高級ウッドとレザーをふんだんに使ったインテリア(魚眼レンズを使用)
  • 運転席から眺める後部座席(魚眼レンズを使用)
  • フルカラー液晶のインパネ
  • 夜間のダッシュボードはこんな感じだ
  • 後席を前方にスライドさせても、レッグスペースにはこれだけの余裕がある
  • ゆったりくつろげるリヤシート。座り心地は最高(魚眼レンズを使用)
  • 広々としたリヤスペース(魚眼レンズを使用)
  • リヤのアームレストとヘッドホン(魚眼レンズを使用)
  • 右後部座席からの眺め(魚眼レンズを使用)
  • 大型サンルーフが開放感をもたらす(魚眼レンズを使用)
  • 後席のエアコン操作スイッチ。その下には「Panaray」のスピーカー
  • リヤのアームレストにももちろん、ドリンクホルダーは付いている
  • 出っ張りの少ないトランクルーム。中央にはトランクスルー機構がある
  • 米ミシガン州デトロイトのGM本社ビル(撮影・大竹信生)


 ふと見上げれば、大型の電動サンルーフが開放感をもたらす。様々な場面でルーフを開けてみたが、風の巻き込みをしっかりと抑えているので、高速走行中でも車内でプチ・ハリケーンが発生するようなこともないし、「風がゴーゴーとうるさい」と感じることもなかった。

 インテリアで一つだけ残念だったのは、シフトレバーの手前に並ぶ3つのボタンがやや安っぽいことだ。これらは「走行モード」などを選択するボタンなのだが、「これだけ質感が高いのに、なぜここだけ…」とズッコケそうになってしまった。この辺の詰めの甘さは、ぜひドイツ御三家やレクサスを見習って改善してほしいと感じた。

 トランクルームはタイヤハウスの張り出しを抑えてあり、広々としている。トランクスルー機構も備えているので、あらゆる大きさや形状の荷物にも対応できそうだ。

 充実の先進安全装備

 アダプティブ・クルーズコントロールやエマージェンシー・ブレーキシステムなど、思いつく先進安全装備はほぼすべて搭載している。道中に道路脇で工事を行っていたのだが、CT6は車両の近くに立つ作業員の存在をカメラでしっかりと認識し、人型の警告サインをインパネ上で表示することでドライバーに危険を知らせてくれた。

 これまで「アメ車は大雑把で荒っぽい」というイメージが強かったが、CT6の走りは実に繊細で正確。高い操縦性や運動性能を披露するなど見た目に似合わない「ドライバビリティ(運転のしやすさ)」が際立っていた。室内空間も隅々にまで心づかいが行き届いている。CT6の特徴を言葉で表すなら「まじめな正統派ラグジュアリー」「信頼できる安定感と安心感」といったところか。今回は自分でハンドルを握ったが、機会があればぜひ、運転手付きの後部座席で“社長気分”を味わってみたくなった。

 2週目となる次回は、シボレー・コルベットと同じ6.2リッターV8エンジンを搭載したモンスターセダン「CTS-V」を紹介する。乞うご期待。(産経ニュース/SankeiBiz共同取材)

主なスペック キャデラック・CT6 プラチナム(試乗車)

全長×全幅×全高:5190×1885×1495ミリ

ホイールベース:3110ミリ

車両重量:1920キロ

エンジン:V型6気筒DOHC

総排気量:3.6リットル

最高出力:250kW(340ps)/6900rpm

最大トルク:386Nm(39.4kgm)/5300rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:全輪駆動

タイヤサイズ:245/40R20

定員:5名

燃料タンク容量:72リットル

ステアリング:左

車両本体価格:998万円(税込)