タイ養殖エビ、病害で生産大打撃 日本など仕入れ先変更の動き (1/3ページ)

2013.11.26 06:12

 タイで養殖エビの生産が落ち込んでいる。同国の養殖エビは昨年後半から養殖場で広まった病害によって生産が激減。国連食糧農業機関(FAO)によると、2011年に60万トンだった生産量は12年に53万トンに減少した。今年はさらに半減し、25万トン程度になるとみられている。現地紙ネーションなどが報じた。

 エビ養殖も手がける同国の食品加工最大手、チャロン・ポカパン・フーズは病害による減産が響いて業績が急速に悪化。今年1~3月期の最終利益が前年同期比91.5%減の10億2000万バーツ(約32億5400万円)まで落ち込んだ。

 続く4~6月期の営業利益は同59%減の16億4000万バーツ。7~9月期は鶏肉の需要増などで同10%増の26億5000万バーツとやや持ち直したものの、同社幹部は「養殖エビの病害の影響が予想以上に響いている」と述べ、エビの生産回復が遅れているとの見解を示した。

商業省幹部はエビの生産激減が輸出の伸び悩みの一因との見解を示す

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。