“反原発首相”菅直人氏が絶叫 地元をあきれさせた川内再稼働「狂騒劇」 (5/6ページ)

2015.9.6 07:10

川内原発の正門ゲート前で選挙さながらに演説する菅直人元首相。「安倍政権は亡国の政権だ」と政権批判を繰り広げた=8月11日午前、鹿児島県薩摩川内市

川内原発の正門ゲート前で選挙さながらに演説する菅直人元首相。「安倍政権は亡国の政権だ」と政権批判を繰り広げた=8月11日午前、鹿児島県薩摩川内市【拡大】

  • 川内原発の正門ゲート前付近で再稼働反対の声を上げる人たち=8月11日午前、鹿児島県薩摩川内市

 原発沿いの県道には「社民党」の看板が付いた車両や、反対派メンバーのためのトイレ用の車両も登場。ゲートの入り口をふさぐように無断で駐車する車両が何台もあり、警察官が「ただちに移動しなさい 川内警察署長」と書いた紙を見せながら説得にあたる場面もみられた。

 しかし、反対派は「その必要はない」と車内に籠城。警察官を小突くメンバーもおり、約3時間にわたってにらみ合いを続けた。

 再稼働反対を訴えたいのか、政権打倒を誓いたいのか、はたまた日頃の鬱憤(うっぷん)を晴らしたいだけなのか。いまいち“思想”がはっきりしない集団の活動は、夜まで続いた。

 地元住民は「迷惑です」

 反対派の活動に対し、鹿児島県警はゲート前だけで数百人規模の人員を配備した。周辺では繰り返し検問を実施し、県道を通りかかる車の運転手に免許証の提示を求めたり職務質問をしたりするなど、厳重な警備態勢を敷いた。

福島第1原発の事故後、15原発25基が新規制基準に基づく…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。