新国立「了承」…JSC場当たり対応 スポーツ界置き去り「公約違反」の声も (1/3ページ)

2015.7.8 11:00

有識者会議終了後、新国立競技場の模型の横で行われた日本スポーツ振興センターの会見=7日午後、東京都港区(三尾郁恵撮影)

有識者会議終了後、新国立競技場の模型の横で行われた日本スポーツ振興センターの会見=7日午後、東京都港区(三尾郁恵撮影)【拡大】

 ずさんな計画のまま「見切り発車」-。2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場について、日本スポーツ振興センター(JSC)は7日、東京都内で開いた有識者会議で、総工費2520億円となった経緯など新整備計画案を説明、了承された。一部からは当初計画との違いを“公約違反”と指摘する声も。収支計画や財源確保の見通しも明確ではなく、課題は残されたままだ。

 最後に口を開いた日本サッカー協会の小倉純二名誉会長の言葉に、場の空気が変わった。

 「このままでは新しいスタジアムを使ってもワールドカップ(W杯)は招致できない」

 仮設に変更された一部観客席について、当初計画通り可動式に戻すことの確約をJSCに求め、「そうでなければ、この案に反対せざるをえない」と語気を強めた。

 国際サッカー連盟のルールで、男子のW杯招致には常設で8万人収容のスタジアムが必要となる。小倉氏は「W杯のメーンとして使えると話して(関係者に)招致活動をしてきた」とし、改めて“公約実現”を迫った形だ。

日本スポーツ界全体の将来を見据えた国家プロジェクト

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。