SankeiBiz for mobile

トヨタ4工場停止、コンビニは商品届かず 大雪で道路寸断、現場に打撃

ニュースカテゴリ:社会の話題

トヨタ4工場停止、コンビニは商品届かず 大雪で道路寸断、現場に打撃

更新

 東日本を襲った大雪は、生産や物流の現場に打撃を与えた。

 トヨタ自動車は17日、記録的な大雪の影響で、愛知県内にある4工場の操業を停止したことを明らかにした。愛知県豊田市の高岡工場、堤工場は17日朝から終日停止。豊田市の元町工場、田原市の田原工場は17日夕から生産を止めた。トヨタは関東、甲信越方面から納品される複数の部品が届かないと説明している。18日以降の生産再開は未定。

 スズキも、大雪の影響で静岡県湖西市の主力工場など同県内の3工場での生産を15日以降、順次停止している。3工場とも17日までの稼働停止が決定。18日以降は未定という。

 セブン&アイ・ホールディングスは17日、山梨県に向けてヘリコプター2機をチャーターし、パンなど5000個の物資を緊急配送した。物資は県内のセブン-イレブン各店と、「イトーヨーカドー甲府昭和店(同県昭和町)」に分配される。同社によると、14日からの記録的な大雪の影響で、店舗によっては商品が届かないなどの影響が出ている。

 ローソンは17日午前、群馬、山梨の両県で弁当やサンドイッチなどの配送を中止した。雪による停電や従業員が出勤できないなどの理由で群馬、山梨、埼玉、茨城の4県で計8店が営業を休止している。

 また、中央道や国道20号など都心と山梨を結ぶ道路で通行止めが出ている影響で、イオンも「店舗への商品到着に遅れが出ている」(広報)といい、ファミリーマートも都心で製造しているパンの一部が山梨、長野両県に届けられない状態という。

 牛丼大手の「吉野家」は、山梨県、岩手県などの一部店舗で、原材料を届けられないことや従業員らが出勤できないことなどから開店時間を遅らせた。

 日本マクドナルドでも、一部の店舗で、メニューを絞り込むなどの対応を余儀なくされているという。

ランキング