SankeiBiz for mobile

【ウクライナ情勢】勢い増す親露派 次々に施設占拠

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの国際

【ウクライナ情勢】勢い増す親露派 次々に施設占拠

更新

 ≪ウクライナ治安当局 東部ドネツクで掃討作戦開始≫

 ウクライナ東部で親ロシア派武装勢力により相次いだ警察施設襲撃をめぐり、ウクライナの治安当局は4月13日、武装勢力の掃討作戦を始めた。ドネツク州スラビャンスクに特殊部隊を派遣。国営ロシア通信などによると、銃撃戦の末、双方に死傷者が出た。オレクサンドル・トゥルチノフ大統領代行(50)は13日夜、「全面的な対テロ作戦」の実施を宣言。施設を明け渡すよう求めた期限である14日午前9時(日本時間午後3時)が過ぎ、緊張が高まっている。

 親露派住民の州政府庁舎占拠は今月(4月)6日から始まった。南部クリミア半島併合時、ウクライナ当局は実力行使を控えたが、今回、流血の事態に発展した。

 地元メディアによると、武装集団は12日朝、バスでドネツク州北部にある人口約11万人の小都市、スラビャンスクに到着。警察関連施設を襲撃し、自動小銃を奪って周辺の人物に配ったという。この後、スラビャンスク近郊の2都市に移動し、警察署を襲撃した。

 ウクライナ暫定政権は翌13日朝、スラビャンスクで「対テロ作戦」を開始。死者は双方に1人ずつ出ているとされるが、さらに膨らむ可能性がある。

 トゥルチノフ氏は13日のテレビ演説で武装集団を「侵略者」と呼び、「東部でのロシアによるクリミア併合の再現を許さない」と非難。14日には最高会議(議会)の演説で、5月の大統領選に際して親露派が実施を求めている連邦制移行に関する国民投票に「反対しない」と述べた。

 東部での親露派による庁舎占拠は14日も拡大した。ドネツク州南部の港湾都市、マリウポリやドネツク近郊のマケエフカ、ハルツィスクで市庁舎などが占拠され、ロイター通信によると、東部ゴルロフカで14日、100人以上の親露派が警察施設を攻撃した。(モスクワ 佐々木正明/SANKEI EXPRESS

 ≪勢い増す親露派 次々に施設占拠≫

 ウクライナ東部で親露派の勢いが急速に増している。各地で主要な行政施設や治安機関を相次いで押さえ、政府の統治が及ばない都市も出始めた。親露派の要求は自治権を拡大する「連邦制移行」でまとまり、ロシア政府の主張と呼応する。ジュネーブで4月17日に予定される米国、ロシア、ウクライナ、欧州連合(EU)による4者協議を前に、ロシアは「連邦化」の既成事実を固めつつある。

 謎の武装集団

 親露派は正体不明の重武装の集団とともに現れ、東部の町で次々と施設を占拠している。

 (4月)12日にスラビャンスクで警察署を占拠した武装集団の一部は迷彩服姿で、複数の銃などの武器を携帯。服の中に防弾チョッキなどを着込んでいるように見え、職業軍人を思わせた。

 集団は警察署を占拠した後すぐにタイヤや砂をトラックで運び込み、手際良くバリケードを築いた。占拠した施設にはロシアなどの国旗が掲げられた。行動は統制され、よく訓練された様子がうかがえる。ウクライナ南部クリミア半島で親露派がロシア軍の後押しを受けて急速に支持を拡大した手法とそっくりだ。

 親露派住民の要求は、住民投票とそれに基づく連邦制導入だ。恵まれない経済状況から「とにかく現状変更したい」との思いは強いが、連邦制で具体的に何を実現できるのか説明できる人はほとんどいない。仮に連邦化した後も、ウクライナに残るか、さらに分離独立やロシア編入を目指すかで意見は割れている。

 東部では親露派と親欧米派の住民の分断が深まり、ウクライナ政府との対話の機会もほとんどない。その中で着々と影響力を高めているのがロシアだ。

 「連邦化」へ布石

 ソ連時代からの結びつきから「経済難を救うことができるのはロシアだけ」と語る人は多い。クリミアで多用された住民投票を呼び掛ける看板と酷似した広告も現れ、連邦化への布石を一つ一つ打っているかのようだ。

 今後、ドミノ現象的に東部や、ロシア系住民が比較的多い南部の各都市が親露派の支配下に入る可能性もある。17日の4者協議で、ロシアはクリミアで用いたのと同じように「住民の自由意思」を建前に、連邦化の要求を貫くとみられる。

 東部ハリコフのジャーナリストは「一般の親露派住民は連邦制が何かを理解していない。だがロシアにとっては明快だ。東部を支配し、少なくとも欧米との緩衝地帯にすることだ」と話した。(共同/SANKEI EXPRESS

ランキング