SankeiBiz for mobile

【私のおしゃれ学】テノール 古橋郷平さん 希望と勇気を歌で届けたい

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSのエンタメ

【私のおしゃれ学】テノール 古橋郷平さん 希望と勇気を歌で届けたい

更新

テノール、古橋郷平(こはし・ごうへい)さん。[衣裳協力]ジャケット4万6440円、パンツ2万520円、シャツ1万5120円、ネクタイ1万260円=2015年3月23日(大石一男さん撮影)  しなやかな声が一つ一つの言葉に秘められた深い思いをすくい取り、したたるような情趣を運んでくる。光り輝くような鮮やかな記憶も、かすかな風のそよぎに胸をふるわせたほのかな思い出も、精妙な響きに織り込んで語りかける。

 「ジャンルやスタイルにとらわれることなく音楽と接し、心からすばらしいと感じる作品と向き合ってきました。熱いものがあふれ、メッセージが伝わってくる音楽を愛しています。本当にすばらしい音楽は、作品の中で示しているものを超え、バックボーンにあるものや、作った人の人生そのものが添えられて心を揺さぶります」

 東京二期会がイタリアを代表するパルマ王立歌劇場と提携し、2月に開催したオペラ「リゴレット」で主役の一人、マントバ公爵を好演し、耳の肥えた聴衆から喝采を浴びた。上演時間が3時間に迫る大作は、全3幕のすべてが公爵の歌を起点に動き出し、壮麗な音楽がうねるようなドラマを生む。公爵が歌う浮気な「女心の歌」はイタリア・オペラの王、ベルディの一大出世作で広く親しまれている。

 「イタリアの美術、衣装で演出家も指揮者もイタリア人と、まさにイタリアという環境の中で大きな舞台を務めさせていただきました。高い実力の共演者に囲まれ、私には不可能と思われるほど高いものが求められましたが、理解し尊敬し合って力を出し、一人では乗り越えられないことを成し遂げる貴重な経験をさせていただきました」

 父も声楽家で、母はピアニストの音楽一家。豊かな自然に囲まれた沖縄県立芸術大学に学んで音楽の深い喜びに目覚めた。

 「幼稚園では名前を呼ばれると、一人一人がそれぞれに音程をつけて返事することになっていて、きれいな声だと先生にいわれ、とてもうれしかったのを今もよく覚えています。大学はどんな先生がいらっしゃるかを考えて選びなさいと高校時代に師事していた声楽の先生に教えられ、東京と沖縄の両方で指導されている先生と出会うことができました。声楽専攻が1学年にわずか8人で、じっくりと学べる沖縄の大学を選びました。沖縄の光や風を肌に感じ、歴史や人が織りなす情緒に触れたことが私の中に息づき、歌に反映しているように感じられます」

 イタリアの名門、ボローニャ国立音楽院でも研鑽(けんさん)を積んだ。中世の面影を色濃く残しながら最先端の都市機能を持ち、音楽都市としてユネスコに登録されている北イタリアの古都での経験も大きな意義をもたらした。

 「音楽について多くのことに目を開かされるとともに、人間として実に多くのことを学ぶことができました。さまざまな経験を通し、どんなことにも負けずに前に進むことの大切さを知りました。ストレスで歌うことができなくなったとき、心の底から歌を愛していることに気づき、深く胸に刻みました」

 失意の底から救ったのはイタリアを代表する名バリトン、レオ・ヌッチの歌声だった。

 「ボローニャに近い彼の生まれ故郷の教会で開かれた演奏会に足を運びました。登場しただけで会場の空気が一変してしまうことに戦慄のような感動を覚えました。一つ声を出しただけで心の底からの震えを感じ、歌うことで人に希望や勇気をこれほどまでに与えるのかと驚かされました。そんな存在に一歩でも近づきたい、無理だと思うことでもチャレンジしなければならないと決意し、今日に至りました。音楽に向き合うことの意味をかみしめながら、明日も歌を届けたいと願っています」(文:谷口康雄/撮影:フォトグラファー 大石一男/SANKEI EXPRESS

 ■こはし・ごうへい 大阪府吹田市生まれ。沖縄県立芸術大学卒業、同大学院修士課程修了。在学中からモーツァルトのオペラ「魔笛」タミーノ、「コジ・ファン・トゥッテ」フェランドはじめ重要な役を務め、2001年のおきでんシュガーホール新人演奏会に入選するなど注目を集める。04年から06年までイタリアのボローニャ国立音楽院に留学し、ボッシのオペラ「マロンブラ」リコでボローニャ市立歌劇場にデビュー。08年にイタリアで4年ごとに開催されているトスティ歌曲国際コンクールで日本人で初めて3位に入賞し、聴衆賞も受賞したほか、10年には奈良市の東大寺大仏殿で行われた光明皇后1250年御遠忌法要記念で御歌奉納を務めた。日本最大の声楽家団体、東京二期会のオペラ、オペレッタ公演に相次いで主役級で出演し、昨年11月にカールマン「チャールダーシュの女王」エドウィン、今年2月はベルディ「リゴレット」マントバ公爵で大きな成功を収めている。

古橋郷平さんホームページ gohei.jimdo.com/

スタイリスト:荒木義樹(The VOICE)

ヘアメーク:亀田雅(The VOICE)

 【ガイド】

 ■YNO New Opera Series Vol.3 オペラ「三銃士」 5月23日(土)午後3時開演。彩の国さいたま芸術劇場小ホール(さいたま市)。<問い合わせ先>YNO(新津)。(電)090・6542・5868

問い合わせ先:オンワード樫山 お客様相談室 (電)03・5476・5811

J.PRESSウェブサイト:www.jpress.jp

ランキング