3メガ銀、国債急落“Xデー”に警戒感 「しっかりしてくれ」政府にため息 (1/3ページ)

2012.3.9 05:00

 日本国債の保有リスクに国内の銀行が警戒感を強めている。欧州債務危機の深刻化に伴い、欧州各国の国債を大量に抱えた金融機関は信用不安に陥った。政府の債務残高が2011年度末に1000兆円を超える見込みの日本も「対岸の火事」ではない。1月の経常赤字が過去最大になるなど国債を買い支える資金力の先行きに懸念も芽生えている。国債価格が急落(金利は急騰)する「Xデー」に備え3メガバンクは危機管理に乗りだした。

 「Xデー」に備え計画

 「(さまざまな条件が)一つ一つ崩れるとどうなるか、気をつける必要がある」。全国銀行協会の永易克典会長は2月中旬の会見で、国債の保有リスクを意識していることを認めた。

 永易会長が頭取を務める三菱東京UFJ銀行は、国債急落を想定した危機管理計画を昨年末に策定。経済成長率や経常収支、為替など国債価格に影響をもたらす経済指標に変化があれば、損失を抑えるために国債売却などの対応をとる内容だ。

 三菱東京UFJ銀が保有する日本国債は約42兆円にのぼり、国債が急落すれば膨大な損失が生じかねない。国債の約4割は国内の銀行が保有しており、こうした想定は、みずほフィナンシャルグループや三井住友フィナンシャルグループなども用意しているとされる。

(次ページ)日本国債を支える条件にもほころびが見え始めている