日本のホワイトハッカー人材不足 サイバー攻撃多発、抜本対策が急務 (1/3ページ)

2012.10.17 08:10

日本が中国からサイバー攻撃を受けた件数

日本が中国からサイバー攻撃を受けた件数【拡大】

 官公庁や企業のウェブサイト、サーバーへのサイバー攻撃が急増する中、高度なネットワーク技術を持つコンピューター専門家「ホワイトハッカー」の不足が懸念されている。国内最大のサイバーセキュリティー企業、ラック(東京)によると、同社が雇うホワイトハッカーの出動件数が今年は2008年比約3.4倍の250件に上る見通し。ハッカーの重要性が高まる一方、日本では絶対的に人材が不足しており、政府や企業は抜本的な対策が求められる。

 満州事変の発端になった柳条湖事件の発生日である9月18日。ラックでは、中国から日本へのサイバー攻撃は例年の約3倍となる1300件を超え、同社も当日、中国のサイバー攻撃の対応に追われた。

 20~30代を中心に約300人のホワイトハッカーを雇うラックは、サイバー攻撃を受けた国や企業の要請を、24時間体制で受け付ける「サイバー救急センター」を運営。ホワイトハッカーの出動件数は、08年が73件だったのに対し、今年は9月末現在で172件にのぼり、年内には250件に達すると予想されている。

サイバー攻撃を受けた被害者の“駆け込み寺”

  • 台湾の悩ましい“中国人特需” 旺盛な購買力と際立つ傍若無人ぶり

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!