スカイマーク、新割引運賃で逆襲 「自分たちはLCCにはならない」 (1/3ページ)

2013.4.12 10:10

 搭乗間際の安さに照準

 国内線に昨年、相次ぎ就航した格安航空会社(LCC)が低運賃で攻勢をかけるなか、スカイマークが逆襲に出ている。昨年秋に設けた座席限定の割引運賃「フリー」を1月に改定。全路線で最低価格を1万円に設定して分かりやすさを打ち出したほか、一定期日までならキャンセル料が無料になるなど利便性も高め、「LCCキラー」としての威力を発揮しつつある。

 フリーには、予約受付の期限に応じて14、10、7、3、1の5種類がある。例えば「フリー10」の場合、搭乗日の10日前までに予約すれば利用でき、搭乗日の前後10日以内なら無料で何度も便を変更できる。4月12日の便を予約していれば、4月2日~22日の便に変更できる。

 一方、フリー7は搭乗7日前までならキャンセル料が無料。払い戻し料の500円は必要だが、LCCでは予約変更ができなかったり、高いキャンセル料が発生する。

 サービスを徹底的に簡素化したLCCの運賃は「元祖・格安航空会社」であるスカイマークの価格よりはるかに安い。各社が競合する成田-新千歳線は、大手の片道普通運賃が3万3000円程度とすればスカイマークは1万5000円程度だが、LCCは5000円前後だ。

LCCが安いといっても1週間前には1万円以上に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。