JR東、羽田新路線を北関東と直結 東北縦貫線との接続検討 (1/2ページ)

2014.1.10 06:22

JR東日本・冨田哲郎社長

JR東日本・冨田哲郎社長【拡大】

 JR東日本の冨田哲郎社長は9日、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、検討を進めている東京都心と羽田空港を結ぶ新路線の整備が実現した場合、新路線を2014年度末に開業する東北縦貫線(愛称・上野東京ライン)と接続し、北関東の主要都市から羽田空港に直接乗り入れられるようにしたいとの考えを明らかにした。

 冨田社長は狙いを「上野東京ラインが開業すると、今は上野止まりの宇都宮線や高崎線、常磐線と東海道線が直通運転できるようになる。その路線を羽田空港と結べば、(北関東の)宇都宮や高崎、水戸から直通で羽田空港に入れるようになり、大きな輸送ルートの変革になる」と説明した。

 検討中の新路線は東京都心から羽田空港へのアクセスを改善するため、田町駅付近から分岐して東京湾岸を走る東海道貨物線の休止区間を旅客線に切り替え、羽田空港に乗り入れるルートが想定されている。

「東京という都市にとって、重要なルートになる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。