スクエニとカプコンがともに一時ストップ高 大幅安の東京市場でなぜ? (1/2ページ)

2014.1.27 15:58

 終日全面安となった27日の東京株式市場でゲームソフト会社が気をはいた。「ドラクエ」のスクウェア・エニックス・ホールディングス(HD)と「モンハン」のカプコンがそろって一時、昨年来高値のストップ高としたほか、コーエーテクモHDやバンダイナムコHDも値上がりした。なぜか?

 一連の値上がりの発端は先週23日。スクエニが「ドラゴンクエスト」シリーズに続いて「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズもスマートフォン版を提供開始すると発表した。このソフトはアイテム有料型とはいえ基本的には無料ソフト。しかも新作を重ねるたびに、スマホ版のドラクエは評判が上がった。24日の取引では、ドラクエのスマホ向け本格反攻が始まったと受け止められ、株価が急騰。2010年4月以来となる2000円台とし、昨年来高値のストップ高で引けた。

 この勢いはきょう27日も変わらず、寄り付きから買い一色で取引が成立せず、終値段階での配分となり、500円高のストップ高となる2581円で終了。また昨年来高値を更新した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!