自販機飲料値上げ、大手メーカー追従方針 4月の消費増税に伴い (1/3ページ)

2014.2.28 06:56

 清涼飲料最大手の日本コカ・コーラグループは27日、4月の消費税率引き上げに伴い、炭酸飲料「コカ・コーラ」などの自動販売機での販売価格を10円引き上げると発表した。

 自販機では1円、5円硬貨が利用できないため大半の商品で価格を10円引き上げる一方、ミネラルウォーター「い・ろ・は・す」は価格を据え置くなど、引き上げ幅が全体で約3%となるよう調整する。

 シェア2位のサントリー食品インターナショナルも同日、コカ・コーラと同じ方針で価格改定する考えを表明。ほかの大手メーカーも追従するとみられ、自販機飲料の値上げが幅広く実施される見通しとなった。

 値上げに合わせコカ・コーラは、茶飲料「綾鷹」「爽健美茶」など500ミリリットルペットボトルの3商品を25ミリリットル増量する。

また、電子マネー対応自販機では、一律5円値引きする販売促進キャンペーンも

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。