ソニー1283億円の最終赤字 14年3月期、今期も500億円赤字予想

2014.5.15 05:00

 ソニーが14日発表した2014年3月期連結決算は最終損益が1283億円の赤字(前期は415億円の黒字)で、2年ぶりに赤字に転落した。パソコン「VAIO(バイオ)」事業の売却に伴う特別損失などが響いた。15年3月期も約1350億円の構造改革費用を計上し、最終損益は500億円の赤字と、2期連続の赤字を見込む。

 14年3月期の売上高は、円安効果などで14.3%増の7兆7672億円と増加したものの、営業利益は88.3%減の264億円。エレクトロニクス(電機)部門は3年連続の赤字、テレビ事業は10年連続の赤字になった。

 15年3月期の予想は、画像センサー分野の増収やスマートフォン(高機能携帯電話)の販売台数増などで、営業利益は5.3倍の1400億円、売上高は0.4%増の7兆8000億円。

 構造改革費用の内訳は、パソコン事業の整理に伴う費用や国内外の本社・販売会社の社員約5000人の削減で、2月時点の計画より積み増した。

 同日、東京都内で記者会見した吉田憲一郎最高財務責任者(CFO)は、「今期は構造改革をやりきる年にしたい」と意欲を示した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。