スタバ、コーヒー豆かすをリサイクル 飼料などに活用 (1/3ページ)

2014.6.16 06:29

コーヒーの豆かすを餌に混入したところ、乳房炎にかかる乳牛が減った

コーヒーの豆かすを餌に混入したところ、乳房炎にかかる乳牛が減った【拡大】

 スターバックスコーヒージャパンは、コーヒーの豆かすのリサイクルに乗り出した。乳牛の飼料や野菜の堆肥(たいひ)として有効利用するもので、食品リサイクル法に基づく「再生利用事業計画」を取得した。約140店舗から排出される豆かすを対象にスタート。2018年度には500店舗まで拡大する計画だ。

 コーヒーを抽出した後に残る豆かすを飼料や堆肥にするのは技術的に可能とされていた。しかし、詳細な研究データが存在しないため再利用は進んでいなかった。こうした中、メニコンが主体となって研究を重ねた結果、有効利用できることが判明した。

 スターバックスは年間7000トンに及ぶ豆かすを廃棄物として排出しており、本格的なリサイクルに乗り出した。豆かすは約5ミリ角。多孔質で表面積が広いことからポリフェノールの含有率が高い。この特性が飼料化の決め手となった。

 北海道の酪農家は一般的に、80~1000頭程度の乳牛を飼育しているが、乳房の炎症にかかるという共通の悩みを抱える。対策として抗生物質を使用するが、1週間にわたって出荷できないという代償を払わなければならない。

 そこで、餌の中に豆かすを混ぜて食べさせたところ、乳房炎にかかる乳牛が少なくなった。また糞(ふん)のにおいが軽減されるなどの現象も表れている。

飼料で育てられた乳牛のミルクは店頭で用いる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。