ドコモ、かろうじて40%台維持 携帯電話の3月末シェア (1/2ページ)

2014.6.21 07:00

 総務省が20日発表した2014年3月末時点の携帯電話など移動系通信契約数の事業者別シェアは、首位のNTTドコモが前年同期比1.8ポイント減の40.2%と、かろうじて40%台を維持した。

 2位のKDDIは0.1ポイント増の25.8%、3位のソフトバンクモバイルは0.7ポイント増の22.9%だった。

 高額の現金還元策が批判を浴びた春商戦でも契約数を増やしたソフトバンクがシェアを伸ばし、KDDIとの差は2.9ポイントに縮まった。

 携帯電話全体の契約数は、前年同期比5.9%増の1億4401万件と、日本の人口を大幅に上回り、複数台所有が加速している実態が浮き彫りになっている。

イオンやビックカメラなど新規参入が相次いでいる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。