高級ヘッドホン人気 「スマホで聴く」スタイル普及で競争激化 (2/2ページ)

2014.7.26 07:40

パイオニアの新ブランド「スーペリアクラブサウンド」シリーズのヘッドホン=東京都内

パイオニアの新ブランド「スーペリアクラブサウンド」シリーズのヘッドホン=東京都内【拡大】

  • ヤマハの高級ヘッドホン「HPH-PRO400」

 新たな顧客層の獲得に手応えをみせるのが米音響機器メーカーのBOSE(ボーズ)だ。同社は5月、「ミント」など8色をそろえた高級ヘッドホン「サウンドトゥルー ヘッドホン」(標準価格1万8000円)を発売した。同社製品はもともとシンプルなデザインが多く、「30代以降の中高年層」が主力ユーザーだったが、今回の商品では「若者や女性から好評」(日本法人の広報担当者)という。

 ヤマハも今年に入り、ヘッドホンのブランド「HPHシリーズ」に新製品を投入。ファッション性と携帯性を高めた「M82」(想定価格1万円前後)と、軽量化した「PRO400」(想定価格3万1000円前後)を発売した。

 ヘッドホン市場は、技術面やコスト面などで参入障壁が低く、「ビーツ」など設立間もない企業でも人気製品を発売できるケースも多い。そのため、競争が激しさを増しており、市場シェアを得るには「自社の強みを活用し、購買意欲につなげることが重要」(畑光史・パイオニアプロSV事業部マーケティング課長)という。一層の差別化戦略が求められそうだ。(宮田翼)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。