スマホ市場激変…2強離れ鮮明に 国内スマホ部品、中国へ供給拡大 (1/5ページ)

2014.9.1 06:03

スマートフォンの世界シェア

スマートフォンの世界シェア【拡大】

 国内の液晶・半導体・電子部品各社が中国のスマートフォン(高機能携帯電話)メーカーへの取引拡大に向け、水面下の交渉を活発化させている。米アップルと韓国のサムスン電子の2強が君臨してきた世界のスマホ市場で、中国メーカーが低価格を武器に急速にシェアを伸ばしているためだ。2強離れの動きが鮮明になりつつある。

 市場激変読み取り

 「特にこの半年は中国メーカーの受注がすごい量だった。スマホ市場の変化の激しさを思い知らされた」

 半導体メーカー幹部はこう明かす。米調査会社、カナリスが発表した2014年4~6月期の中国市場のスマホ出荷統計によると、首位を維持していたサムスンを小米科技(シャオミ)が初めて追い抜いた。米IDCの調査でも、華為技術(ファーウェイ)や聯想集団(レノボ・グループ)がそれぞれシェアを伸ばしている。

「中国のアップル」と呼ばれるシャオミから大型受注を獲得

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。