鉄道各社「異業態」進出が活発化 葬祭業、カジノ運営…収益源多角化狙う (1/2ページ)

2014.9.6 06:09

 鉄道業界で本業の鉄道事業とは直接的な関わりの薄い「異業態」に進出する動きが相次いでいる。少子化の進展を背景に、長期的に鉄道利用客の減少が見込まれる中、鉄道以外の事業領域を拡大し、収益源を多角化する狙いとみられる。

 JR東日本は4日、福島県いわき市に、トマトを生産する新会社「JRとまとランドいわきファーム」を地元農家などとの共同出資で設立した。太陽光を利用した植物工場を2016年春に建設して栽培に着手し、同年夏に収穫を始める。農産物の加工や販売はこれまでも手掛けていたが、生産は初めての試みだ。

 年間600トンの生産を予定しており、グループの飲食店などで提供するほか、植物工場に隣接する施設でも販売する。冨田哲郎社長は「今後はトマト以外でも、地域の先進的な農家と手を携え、新しい成長力のある農業に取り組みたい」と語る。

京王電鉄は葬祭業への進出を決定

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。