資生堂がマーケティングの専門家を大量養成へ 「企業内アカデミー」を設立

2014.9.9 17:53

 資生堂は9日、マーケティングの専門家を育成する企業内アカデミー(教育機関)を設立したと発表した。4月に就任した魚谷雅彦社長の経営改革の一環。マーケティング部門担当者約400人らを対象に順次開講し、ブランド戦略の強化を目指す。

 アカデミーは管理職クラスが対象の「アドバンス」、部門担当者の「ベーシック」、美容や技術部門も含めた全社員に各事業所が開くセミナーの3コースを設定する。12月から本格的に開講するアドバンスは約100人が5組各20人に分かれ、研修所で9日間前後の講義や議論を行い、顧客視点の発想や提案力などを身につける。魚谷社長も学長として指南する。

 資生堂は10月に、主力の「エリクシール」など各ブランドの研究開発から生産、販売、損益管理まで一貫して担当する「ブランドマネージャー制度」を導入する予定。このため魚谷社長は外部からマーケティング経験者約100人を採用する方針だが、アカデミーの設置により社内でもブランドマネージャーを育成していく。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。