160キロで車両ふわり… リニア、時速500キロ超の世界を体験 (1/2ページ)

2014.9.23 06:12

500キロを超えて走行していることを示す新型車両L0系内のモニター=22日、山梨県都留市のリニア実験センター

500キロを超えて走行していることを示す新型車両L0系内のモニター=22日、山梨県都留市のリニア実験センター【拡大】

  • JR東海が山梨リニア実験線で体験乗車を報道公開した=22日午後、山梨リニア実験センター(鴨川一也撮影)
  • リニア実験センターで公開された新型車両L0系=22日午前、山梨県都留市
  • 車内の走行速度を示すモニター=22日午前、山梨県内(鴨川一也撮影)
  • 報道公開されたL0系の車両=22日午後、山梨リニア実験センター(鴨川一也撮影)

 2027年にリニア中央新幹線の開業を目指すJR東海は22日、山梨県の山梨リニア実験線(総延長42.8キロ)で報道陣向け試乗会を行った。最新車両の時速500キロでの走行の様子に加え、11~12月に行うリニアの一般向け体験乗車に向けて新設した発券機や改札機などの設備も公開した。

 22日の試乗会で最新車両に乗車するまでの流れは、高速鉄道というよりも「旅客機に搭乗する」という印象だった。金属探知機のゲートをくぐって手荷物検査を受けた後、発券機を操作し、氏名が記載されたチケットを受け取る。チケットに印刷されたQRコードを改札機にかざすとチェックインが完了する。

 ただ、遠藤泰和・山梨実験センター所長は「(11~12月に行う)実験線での体験乗車を意識したもので、営業運転での設備は今後検討する」と含みを持たせた。

 報道陣が乗り込んだのは最新車両のL0(エルゼロ)系(7両編成)。まずはタイヤでの走行で動き出し、時速160キロ前後になったところで、車両がふわりと浮上。衝撃はほとんどなく、スムーズそのものだった。

時速300キロ過ぎからぐんぐん加速

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。