百貨店大手3社の9月売上高、大丸松坂屋、高島屋が微減 気温高く秋物商品が苦戦

2014.10.1 18:55

 百貨店大手3社が1日発表した9月の売上高速報は、既存店ベースで三越伊勢丹が3カ月連続で前年同月比でプラスとなったものの、高島屋、J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店は2カ月ぶりに下回った。4月の消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減の影響は小さくなっているが、9月後半の気温が前年よりも高く、秋物商品の販売が伸び悩んだ。

 高島屋は0.2%減、大丸松坂屋は1.1%減だった。来店客数が伸び悩み、食料品などの売れ行きが不振。前年より休日が1日少なかったことも影響している。

 一方、三越伊勢丹は2.3%増。三越銀座店を中心に訪日外国人の購入が大きく押し上げた格好だ。

 ただ、各社ともに紳士服、婦人服が前年実績を上回ったほか、反動減の影響が大きく出た化粧品などの販売も回復している。富裕層が多いとされる外商も好調で、「増税影響はほとんど消えている」(高島屋)との見方も出ている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。