生まれ変わる「非日常空間」 再開発の球場跡地、さりげなく残る“思い出” (1/5ページ)

2014.10.5 17:12

大型商業施設として再開発が進む日本生命球場跡地=9月14日午後3時45分ごろ、大阪市中央区(西川博明撮影)

大型商業施設として再開発が進む日本生命球場跡地=9月14日午後3時45分ごろ、大阪市中央区(西川博明撮影)【拡大】

 近鉄バファローズ、南海ホークス、阪急ブレーブス…。かつてプロ野球パ・リーグの熱戦が繰り広げられた関西の球場跡地の再開発が最終段階を迎えている。野球ファンを魅了してきた「非日常空間」は、球団再編や施設老朽化を理由に相次ぎ閉場されたが、順次大型商業施設などに変貌。来年、近鉄が公式戦で使用していた日本生命球場(大阪市中央区)が大型商業施設「もりのみやキューズモールBASE(ベース)」として開業すると完了する格好だ。ただ、姿は変わっても跡地には往年の懐かしい思い出が残されている。(西川博明)

 日生跡GW前開業へ

 JR環状線や大阪市営地下鉄が交差し、大阪城公園も近い大阪・森ノ宮。その一角に、近鉄(現オリックスバファローズ)が公式戦で使用した日本生命球場の跡地がある。

 大阪ドーム(現京セラドーム大阪、大阪市西区)が完成した影響で、平成9年末に閉場された日生球場の跡地は、長く駐車場などに活用される程度で、再開発が進んでいなかった。

「商業施設として活用することで大阪の地域活性化に役立ちたい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。