百貨店大手4社 8月中間決算 営業増益 一方で地方の販売回復が課題 

2014.10.10 23:13

 大手百貨店の平成26年8月中間連結決算が10日出そろい、4社ともに本業のもうけを示す営業利益が前年同期を上回った。4月の消費税率引き上げに伴う駆け込み需要からの反動減が、8月には都市部の店舗でほぼ解消され、増益を確保した。

 高島屋は期初段階では減収の見通しだったが、「8月以降、紳士服などの販売が好調」(木本茂社長)で、増収を達成した。通期見通しについても売上高、営業利益を上方修正した。

 一方、大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは減収。「都市部の大型店は回復しつつあるが、地方店は遅れている」(山本良一社長)ためだ。東京や大阪など都市部では、訪日外国人による購入が拡大を続けているが、地方の販売を回復させることが各社の課題となっている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。