サイバーダイン、生活支援ロボ国際規格の認証取得

2014.11.12 17:47

日本品質保証機構の小林憲明理事長(右)から認証書を渡されたサイバーダインの山海嘉之社長=12日、東京・霞が関(松村信仁撮影)

日本品質保証機構の小林憲明理事長(右)から認証書を渡されたサイバーダインの山海嘉之社長=12日、東京・霞が関(松村信仁撮影)【拡大】

  • 「HAL」作業支援用を装着すれば、20キロの分電盤も楽に持ち運べる=12日、東京・霞が関(松村信仁撮影)

 東証マザーズ上場の筑波大学発ロボット開発ベンチャー、サイバーダインは12日、装着型ロボット「HAL(ハル)」の作業支援用、介護支援用の2タイプが、日本品質保証機構(JQA)から生活支援ロボットの国際安全規格「ISO13482」の認証を取得したと発表した。作業・介護支援用の装着型ロボットとしては世界で初めて。

 日本に限らず欧米先進諸国でも少子高齢化が進み、単純労働や介護の現場でもロボットの需要の拡大が見込まれる。今回の国際規格の認証取得は、日本発のロボット技術が世界に普及する足がかりを得たことになる。

 同日、東京・霞が関で開かれた認証書の授与式で、サイバーダインの山海嘉之社長は「今年度中にはドイツで投入したい」と、HALの海外展開に乗り出す考えを明らかにした。

 サイバーダインは、平成16年に筑波大の山海教授によって設立。今年3月に株式上場した。HAL作業支援用は重さ2.9キロ。9月に大林組に5台をレンタル納入し、作業現場などで活用されている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。