日本郵船、次期社長に「営業畑」内藤副社長が昇格

2014.12.25 21:17

日本郵船社長に就任する内藤忠顕氏

日本郵船社長に就任する内藤忠顕氏【拡大】

 日本郵船は25日、内藤忠顕副社長(59)が来年4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。工藤泰三社長(62)は代表権のある会長に、宮原耕治会長(69)は取締役相談役にそれぞれ就く。近年は増収増益が続き、業績回復に一定のメドがついたことから、経営トップの若返りに踏み切る。

 内藤氏はコンテナ船や自動車船、タンカー部門などの営業畑を長く歩み、経営企画にも携わった。内藤氏は「創意、工夫、改善で他社との差別化を推進していく」と述べた。

 ないとう・ただあき 一橋大卒。昭和53年日本郵船。取締役常務経営委員などを経て平成25年4月から取締役副社長経営委員。名古屋市出身。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。