ヤマト運輸が「メール便」を3月末で廃止 「信書」違反に問われる利用者相次ぎ決断

2015.1.22 17:48

記者会見するヤマト運輸の山内雅喜社長=22日午後、国交省

記者会見するヤマト運輸の山内雅喜社長=22日午後、国交省【拡大】

 ヤマト運輸は22日、宅配便の配送網を使って書類やカタログなどを運ぶ「メール便」のサービスを3月末で廃止すると発表した。手紙などの「信書」をメール便で送った顧客が郵便法違反に問われるケースが相次ぎ、サービス継続が難しいと判断。法人、個人とも4月に開始する代替サービスへの切り替えを促す。

 平成21年以降、同社のメール便で信書を送り、書類送検や事情聴取に発展したケースは計8件に上る。同社は集荷の際に内容物確認を厳格化したり、区分けがあいまいとされる信書の定義見直しを総務省に求めてきたが、主張は受け入れられていない。ヤマト運輸の山内雅喜社長は同日の会見で「このような状況は続くべきでなく、今一度、信書のあり方を議論すべきだ」と当局の対応に疑問を呈した。

 同社は「クロネコメール便」の名称でサービスを展開し、日本郵便「ゆうメール」と市場を二分する。平成25年度の取り扱い量は21億冊、売上高は1200億円に上っているが、業績への影響は軽微という。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。