ネット証券5社、全社減収 14年4~12月期、前年同期の反動 (1/2ページ)

2015.1.30 05:57

 ネット証券大手5社の2014年4~12月期の決算が29日出そろい、全社が減収だった。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」効果で個人投資家の株式売買が活発だった前年同期の反動で、各社とも収益を減らした。

 上値の重い展開が続いた国内株式市場では売買代金が減り、売買手数料収入や信用取引による金利収入が落ち込んだ。

 最終利益は、ビジネスの多様化を進めたSBI証券と、保有株を売却して利益を得たカブドットコム証券の2社が増益を確保した。

 ただ、10月下旬の日銀の追加金融緩和で株価が上昇し、10~12月期は個人投資家の株式売買が活発化。各社とも売買手数料収入が増えて、業績が回復傾向にある。

 マネックスグループの松本大(おおき)社長は決算会見で「四半期ベースでは前年同期の水準に戻っている」と述べた。

ネット証券大手5社の2014年4~12月期決算

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。