ウエアラブル予測を下方修正 グーグル失敗影響、盗撮など不安も根強く (1/2ページ)

2015.2.6 06:08

 市場調査会社のMM総研が5日に発表した、身につけるコンピューター「ウエアラブル端末」の国内市場予測によると、2015年度の販売台数は134万台(前年度比72%増)、20年度には573万台(同26%増)に拡大する。

 市場の伸び悩みを反映し、前回調査より15年度は102万台、20年度は31万台下方修正した。日米の認知度比較では、米国が94.2%(前回は83.4%)だったが、日本は48.9%(同27.9%)で、約2倍の差がある。

 下方修正の理由について、MM総研は「米グーグルがメガネ型端末の製造を中止したほか各社の端末販売も伸び悩んでいる」ことが市場の先行きに影響したもようだ。情報漏洩(ろうえい)や盗撮などプライバシー侵害の不安も根強いとしている。

日米で異なる「利用したい用途」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。