テロ対策機器で日本の安全に貢献 ナスクインターナショナル・左近美佐子社長 (1/4ページ)

2015.3.23 05:00

 過激組織「イスラム国」が日本をテロの標的として名指しするなど、安心・安全が脅かされている。2020年には東京五輪・パラリンピックの開催が予定され、多数の外国人が訪れるだけに、セキュリティー対策の強化は喫緊の課題だ。テロに対処するセキュリティー機器の販売、コンサルタント業を手掛けるナスクインターナショナルの左近美佐子社長は「セキュリティー機器は日々進化している。安心して東京五輪を迎える頼もしい味方になってくれるだろう」とテロ対策に自信をみせる。

 震災で状況が一変

 もともと日本の伝統文化や伝統工芸を育成し、プロデュースする会社を運営していた。あるとき取引先の塗装職人が偶然、二酸化チタンの光触媒でウイルスを無力化する抗菌・抗ウイルスコーティング剤を開発した。室内の設備にスプレーで吹き付けるだけでウイルスの活動を抑えることができ、半永久的に効果が持続する。

 世界中で新型インフルエンザの大流行が懸念されている時代背景もあり、09年から全国の空港や市役所、病院やホテルなどに導入され始めた。

 10年12月には普及を加速させるため、販売会社のナスクインターナショナルを設立する。nasc(ナスク)は、National Security Companyの略で、日本の安心・安全を守ることを社是としている。

順調に実績を伸ばしていたが、会社設立から数カ月後に発生した…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。