【高論卓説】東芝問題、「不適切」か「不正」か オリンパス上回る規模、ミスでは済まず (1/3ページ)

2015.7.7 06:20

 東芝が粉飾決算疑惑に揺れている。インフラ事業などで経費を低く見積もることで利益を過大に計上してきたというもので、2015年3月期の決算が確定できない異常事態が続いているのだ。

 利益の水増し額は、当初500億円程度とされていたが、その後、1000億円以上、あるいは1500億円を超えるという報道がなされている。11年に発覚して大問題になったオリンパスの粉飾額は確認されただけで1300億円余りとされていたので、それを上回る規模の会計不祥事に発展する見込みとなっている。

 本来、3月期決算の上場企業は株主総会で決算の承認を得て、有価証券報告書を6月末までに提出しなければならない。決算がまとまらない東芝は、報告書の提出期限を8月末まで延長する申請を行って認められている。6月25日に開いた株主総会では、決算報告が行われず、取締役の選任などを行った。いずれも前代未聞の事態である。

 この問題を報じるに当たって主要メディアは東芝の「不適切」会計問題と表記している。オリンパスなど他の多くの会計不祥事では、「不正会計」あるいは「粉飾決算」と書いてきたが、東芝問題はなぜ「不適切会計」という言葉を使っているのであろうか。

「不適切会計」と「不正会計」「粉飾決算」では、明らかに語感が違う

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。