ソニー「革新性」復活へ新手法 大手電機で初、クラウドファンディング手法採用 (1/3ページ)

2015.7.2 06:24

ソニーが1日発売した電子タグ「MESH」

ソニーが1日発売した電子タグ「MESH」【拡大】

  • 市販化予定の柄が変わる時計「FESWatch」

 ソニーが、インターネットを通じて不特定多数の投資家から資金を調達する「クラウドファンディング」を活用し、新規事業の創出に乗りだした。資金力に乏しいベンチャー企業が主に使う手法だが、資金調達よりも、刻々と変化する消費者のニーズを商品開発に取り込むとともに、消費者の支持が見込める商品をできるだけ早く投入するのが狙いだ。大手電機メーカーでは初めての取り組みとみられ、業績の低迷とともに失われつつある「革新性」の復活に向け、総力を挙げる。

 自由な発想を形に

 1日、ソニーはクラウドファンディングとネット通販を展開するサイト「First Flight(ファースト・フライト)」を開設した。

 サイトを通じ商品を購入することで事業化を支援できる仕組みで、資金調達を募集中の商品には購入時期や台数などで金額が異なる複数のプランが示される。決済はヤフーのサービスを利用できる。

 まず、昨年の第1回社内オーディションで合格した家電用新型リモコン「HUIS REMOTE CONTROLLER」の市販に向け、資金募集を始めた。目標額は500万円で、期間は1カ月半程度。

「あなたになじむリモコン」と銘打った新型リモコンは…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。