東芝医療機器子会社、日立が買収検討 “優良事業”争奪戦、金額高騰も (1/2ページ)

2015.12.31 06:47

 経営再建中の東芝が売却を検討している医療機器子会社について、日立製作所が買収を検討していることが30日、分かった。東芝の医療子会社は、診断装置などを手掛ける東芝メディカルシステムズ(栃木県大田原市)。東芝は来年1月にも入札を実施し、3月末までに売却先を決めたい考え。東芝メディカルをめぐっては、国内外の複数の医療機器メーカーが買収に関心を示しており、買収額が高騰する可能性もある。

 日立は、子会社の日立メディコ(東京都千代田区)が磁気共鳴画像装置(MRI)やコンピューター断層撮影装置(CT)を手掛けているが、世界シェアは数%で、米ゼネラル・エレクトリック(GE)ヘルスケアや独シーメンス、オランダのフィリップスの世界3強の後塵(こうじん)を拝している。

 一方、東芝メディカルのCTの世界シェアは、GEヘルスケアとシーメンスに次ぐ3位と高い。

 現在、日立はヘルスケア事業を強化しており、同事業の売上高を2014年度の3379億円から18年度に6000億円に引き上げる計画。これに向けて東芝メディカルを買収し、世界3強を追い上げたい考えだ。

優良事業だけに争奪戦が激しくなりそうだ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。