人口減で国内市場縮小 内需企業、海外に活路 (1/3ページ)

2016.2.27 06:50

インターネット通販も始めた上海高島屋。高島屋は国内の人口減を見越して海外展開にも力を入れている

インターネット通販も始めた上海高島屋。高島屋は国内の人口減を見越して海外展開にも力を入れている【拡大】

 人口減は、需要不足という形で企業に深刻な打撃を与えつつある。特に危機感を募らせているのが、食品などの内需型産業だ。各社では、国内依存度を引き下げ、「じり貧」を回避しようと、M&A(企業の合併・買収)も駆使しながら海外への進出を加速。需要不足とともに懸念される労働力不足への対策も強化している。

 化粧品大手のコーセーは18日、北米市場に同社最高級となる新ブランド「デコルテ」を投入した。富裕層を取り込み、国内に続く収益源に育てるのが狙いだ。

 化粧品の国内市場は少子高齢化で縮小傾向にある。一方で、化粧品メーカーの国内依存度は高く、コーセーの海外売上高比率も約16%にとどまる。足元の業績は好調だが、訪日中国人客の“爆買い”が支えている面もあり、いつまでも続くとは限らない。小林一俊社長は「海外で存在感を高め、売り上げを伸ばさないといけない」と危機感をあらわにする。

 調査会社のレコフによると、昨年は円安にもかかわらず、日本企業による海外企業のM&Aが金額ベースで9年ぶりに過去最高を記録した。その原動力となったのが、人口減への内需企業の危機感だ。10日には、アサヒグループホールディングスが欧州のビールブランドを約3300億円で買収すると発表した。国内市場という「胃袋」が縮むなか、食品メーカーが海外企業の買収に活路を求める動きは今後も続くとみられる。

大量の従業員を雇用する外食産業などは…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。