電力9社、燃料費2兆3000億円増 15年度は原油安で負担1兆円減 (1/2ページ)

2016.4.14 05:51

 経済産業省は13日、原発停止の影響で、沖縄を除く大手電力9社の2015年度の燃料費が、10年度に比べて2兆3000億円増えたとの試算を明らかにした。同日開かれた自民党会合で示した。

 原発稼働がゼロだった14年度の増加額は3兆4000億円だったが、15年度は原油安で火力発電に使う化石燃料の価格が下がり、負担が約1兆円減った。

 東日本大震災が発生した10年度は電力の2割弱を原発で賄っていたが、九州電力川内原発1、2号機だけが稼働している現在は電力の7割超を火力発電に頼っている。

 10年度比の増加額は、11年度が2兆3000億円、12年度が3兆1000億円、13年度が3兆6000億円と増加傾向にあったが、石油や液化天然ガス(LNG)の価格が原油に連動して下がり、15年度まで2年連続で減少した。

ただ、政府は原油やLNGの価格が上昇するとみており…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。