セブン騒動、一件落着と思いきや…鈴木氏の処遇めぐりせめぎ合い 社外取締役にも矛先 (1/4ページ)

2016.5.21 17:04

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)の新体制をめぐる混乱が今だ収まらない。焦点は26日の株主総会をもって全役職からの退任を表明している鈴木敏文会長兼最高経営責任者=CEO=(83)の処遇だ。一度は鈴木氏に子会社のセブン-イレブン・ジャパン社長を解任されかけたところから一転、グループトップに昇格する井阪隆一セブン&アイHD新社長の対応が注目されている。

 「会長(鈴木氏)のことは尊敬している。顧問として残ってほしい」。4月19日の取締役会で鈴木氏の退任と井阪氏の昇格が決まった後、井阪氏は鈴木氏にこう切り出した。ただ、こうも付け加えた「影響力が残るので執務室は別の場所で本社からは出てほしい」。

 井阪氏の言葉からは、いまなお長年仕えた鈴木氏への敬意と、一方的に解任を告げられた鈴木氏が影響力を残すことを嫌う心境が浮かび上がる。本社から出るとの要請について、鈴木氏は大いにショックを受けているという。

 伊藤邦雄・一橋大大学院特任教授、元警視総監の米村敏朗氏の両社外取締役を含む指名・報酬委員会で井阪氏の解任に結論を得なかったにもかかわらず、鈴木氏が4月7日の取締役会で井阪氏の解任を提案したのが一連の混乱の発端となった。取締役会で賛成が過半数に届かず提案が否決されたことを受け、鈴木氏はグループの全役職からの退任を表明。鈴木氏とともに井阪氏の解任を主導した村田紀敏・セブン&アイ社長も残留に反発する伊藤氏ら社外取締役に押し切られ、退任に追い込まれた。

セブン-イレブン社長への残留を望んでいた井阪氏を説得し、セブン&アイ社長に昇格

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。