東芝、損失計上は「数千億円規模」に 米国原発事業の価値下落で減損処理

2016.12.27 16:52

 経営再建中の東芝は27日、米国での原発事業をめぐり今年度(平成29年3月期)決算で数千億円規模の減損損失を計上する可能性があると発表した。決算への影響は確定し次第公表する。同期の最終損益は1450億円に黒字を見込んでいるが、大幅に悪化する可能性がある。

 東芝は昨年末、米原子力子会社のウエスチングハウスを通じ、米原子力サービス会社「CB&Iストーン・アンド・ウエブスター」を買収した。だが、買収後に同社の資産価値を見直したところ、将来の収益が見込み通りにいかないことが分かり、損失計上が必要と判断した。

東芝株急落、終値11%安 米国の原発事業の損失計上で

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。