第46回フジサンケイグループ広告大賞 (1/6ページ)

2017.4.12 05:00

 わが国を代表する総合広告コンクール「フジサンケイグループ広告大賞」(主催・産経新聞、フジテレビ、関西テレビ、BSフジ、サンケイスポーツ、夕刊フジ、文化放送、ニッポン放送、ラジオ大阪、サンケイリビング新聞、扶桑社、協力・フジサンケイ ビジネスアイ)の贈賞式が11日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われた。46回目となる今回はノミネートされた339点の中から、パナソニック株式会社の「ふだんプレミアム」が最高賞であるメディアミックス部門グランプリに選ばれ、同社にトロフィーと賞金が贈られた。メディア部門新聞最優秀賞にはいすゞ自動車株式会社の「南極篇」が選ばれたほか、計29賞が決まった。贈賞式の模様と受賞作品の紹介は、フジテレビで5月6日午前11時15分から、関西テレビで5月7日午前6時30分から放送される予定。

                  ◇

 【メディアミックス部門】グランプリ

 ■パナソニック株式会社 洗濯機・エアコン・冷蔵庫 ふだんプレミアム

 □パナソニック株式会社 代表取締役社長・津賀一宏氏

 ◆家電製品通じ日常を特別に

 この度は、権威と伝統ある第46回フジサンケイグループ広告大賞におきまして、当社がメディアミックス部門グランプリを受賞する栄誉に浴し、大変光栄に存じます。

 今回グランプリを受賞することとなりました当社の白物家電の「ふだんプレミアム」キャンペーンは、これまでの「エコナビ」といった省エネ技術をベースとした訴求軸から、「ご家族の日々のくらし」に軸を置きなおし、とりわけ増加の一途をたどる共働きのファミリー層の方々に共感いただくことにチャレンジした取り組みです。

 共働き層の中核を占める、30~40代を中心とした方々の価値観は、高級や高付加価値といったステータスよりも、「高品質」や「こだわり」にシフトしてきております。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。