スゴ技の極意は「コークス→水素→水」 鉄鋼大手、CO2の3割削減にメド (1/4ページ)

2017.5.14 13:03

新日鉄住金君津製鉄所に設置した試験高炉=千葉県君津市
新日鉄住金君津製鉄所に設置した試験高炉=千葉県君津市【拡大】

 鉄鋼業界が、鉄を作る際に生じる二酸化炭素(CO2)の削減に取り組んでいる。プロセスの見直しなどで、現在に比べて、実に3割の排出削減を目指すものだ。2030年ごろまでに技術を確立し、50年までに実用するという、かなり長期にわたるプロジェクトだが、このほど基礎技術の確立にめどをつけ、実用化に一歩近づいた。鉄鋼は、電力や運輸、一般家庭を除いた国内の産業部門で最もCO2排出量が多い。実用化されれば日本全体の環境負荷低減に大きく貢献しそうだ。

 「大きな意味のある年。要素技術で見込んでいた数値が、実用段階へもっていけるのではないかとの見通しが立った」

 3月24日に日本鉄鋼連盟(鉄連)と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が開いた説明会。NEDOの坂内俊洋環境部長は、16年度の取り組みを振り返り、技術開発が順調に進んでいることを強調した。

 実用化までに30年超

 NEDOと新日鉄住金などの鉄鋼大手は、製鉄の過程で発生するCO2を3割減らすプロジェクト「COURSE(コース)50」を08年から進めてきた。製鉄における水素の活用と、副生物の高炉ガスからCO2を分離・回収する技術の開発が柱で、それぞれ1割と2割の排出削減を目指している。

80億円かけて完成 世界最大の試験高炉で問題点探る

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。