有機ELテレビ商戦本格化 価格は高め パネルは韓国LG電子から調達

2017.6.12 09:46

パナソニックが発売する有機ELテレビの主力モデル=10日、大阪市
パナソニックが発売する有機ELテレビの主力モデル=10日、大阪市【拡大】

  • 有機ELパネルを採用したソニーの4Kテレビ=10日、東京・秋葉原
  • 有機ELパネルを採用したソニーの4Kテレビ=10日、東京・秋葉原

 次世代パネル「有機EL」を採用した4Kテレビを巡る国内電機大手の商戦が本格的に始まった。有機ELテレビは高画質の映像表現や薄型の構造が魅力だが、価格が50万円前後からと高価なことが課題だ。

 ソニーは「BRAVIA(ブラビア)」ブランドの新製品を発売。画面を振動させて音を出す独自技術を開発し、搭載した。従来のスピーカーが不要で、スリムなデザインに仕上がった。市場想定価格は55型で54万円前後。平成19年に世界初の有機ELテレビを発売したが採算が合わず撤退、今回は再挑戦となる。

 パナソニックは「VIERA(ビエラ)」ブランドの有機ELテレビを16日に国内で発売。自社の音響機器ブランド「テクニクス」で磨いた臨場感ある音質技術をテレビに初めて搭載。

 東芝は3月に「レグザ」ブランドから独自の映像処理技術を採用した新製品を投入済み。売れ行きは「想定以上に順調」(広報)。

 3社とも基幹部品である有機ELパネルは自前で生産せず、韓国LG電子から外部調達している。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。