熱電併給システム、欧州の企業と提携 フォレストエナジー

木質バイオマス熱電併給システムの販売で提携したフォレストエナジーの沼真吾社長(左)とシンクラフトのマルセル・フーバーCEO
木質バイオマス熱電併給システムの販売で提携したフォレストエナジーの沼真吾社長(左)とシンクラフトのマルセル・フーバーCEO【拡大】

 木質バイオマス発電所の開発、運営を手がけるフォレストエナジー(東京都墨田区)はこのほど、オーストリアのエンジニアリング会社、シンクラフトエンジニアリングと提携した。今後、日本での木質バイオマス熱電併給システムの販売や導入促進に共同で取り組む。

 シンクラフトの木質バイオマス熱電併給システムは、「浮遊固定層ガス化炉」と呼ばれ、木からクリーンなガスを生成して電気と熱エネルギーを効率的に生産することができる。発電出力400キロワットの小型に位置づけられるシステムながら、約30%の発電効率を発揮する。小型のシステムは導入しやすさから自治体や林業関係者などの関心も高く、積極的に売り込んでいく。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。