セブンが「コーヒーかす」で消臭除菌剤 廃棄物を再利用 (1/2ページ)

セブンーイレブン・ジャパンが「コーヒーかす」をリサイクルして作った消臭除菌剤の製品イメージ
セブンーイレブン・ジャパンが「コーヒーかす」をリサイクルして作った消臭除菌剤の製品イメージ【拡大】

 コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンが、環境負荷低減の取り組みを強化している。

 6月から、いれたてコーヒー「セブンカフェ」の販売の際に発生する「コーヒーかす」を再利用して作った消臭除菌剤を、セブン-イレブンの全店舗(4月末時点で1万9453店)において、清掃用品として導入した。

 セブンカフェは年間で約10億杯を販売している。1杯ずつコーヒー豆をひき、ドリップ方式で抽出するため、販売と同時に一定量のコーヒーかすが発生する。これまでは、これを廃棄処分していた。

 コーヒーかすには「コーヒー酸」「キナ酸」といった消臭成分が含まれている。コーヒーかすの一部をリサイクルし、消臭成分を抽出することで、消臭除菌剤を開発した。自社の店舗で使用することで、廃棄物の削減につながる。

 一方、温室効果ガスの削減に向け、セブン-イレブンで販売するオリジナル「サンドイッチ」の包装に、5月末から二酸化炭素(CO2)の排出を抑えた素材の使用を開始した。

年間のCO2排出量を166トン削減することに成功

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。