ポケGO国内配信1年、ゲームの可能性示す GPSで集客、復興支援… (1/2ページ)

国内外で社会現象となったスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」=2016年7月、東京都渋谷区
国内外で社会現象となったスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」=2016年7月、東京都渋谷区【拡大】

 スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の配信が日本で始まってから、22日で1年を迎える。社会現象とも言える盛り上がりは沈静化したが、利用者数は依然として高水準。GPS(衛星利用測位システム)の位置情報により利用者の移動を促す特徴は当初、安全面などから負の側面が強調されていたが、被災地支援や店舗の集客などで示したゲームの新しい可能性が注目されている。

 市場環境分析のヴァリューズによると、実際にポケモンGOで遊んでいる利用者の数は昨年7月の配信開始当初は1100万人。先月時点で6割減の442万人だが、これはゲームアプリで2番目に多いという。

 収益力も高い。アプリ調査会社、米アップアニーのデータで「iPhone(アイフォーン)」向けをみると、配信から3カ月は国内アプリの収益ランキングで10位以内を維持。その後、一時は52位まで下がったが、今年2月下旬に5位まで回復。登場するポケモンが大幅に増えたためで、運営側は定期的に新機能追加やイベントを行い、人気を保ってきた。運営する米ナイアンティックは21日、「伝説のポケモン」が近日中に登場すると発表した。

 ゲーム雑誌「ファミ通」を発行するGzブレインの浜村弘一社長は「世界で人気があるポケモンというキャラクターに、拡張現実(AR)や位置情報など新しい要素を組み合わせた」と分析する。

交通事故なども多発し、運営側は対応に追われた

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。