お盆、国内国際とも好調 航空11社が予約状況発表

 国内航空11社は3日、お盆期間(10~20日)の予約状況を発表した。昨年から祝日となった「山の日」(11日)が金曜日で連休が取りやすくなったことなどから、国内線の予約数が前年同期比8.0%増の359万人、国際線が7.1%増の74万7千人と好調だった。

 国内線では、昨年4月に熊本地震があった九州への便が好調。予約数は日航が12.7%、全日空が8.7%それぞれアップした。

 国際線は、日航の韓国便の予約率が76.7%と他方面と比べ伸び悩んだ。朝鮮半島情勢の影響の可能性もあるという。

 混雑のピークは国内線の下りが11日。上りは15~16日と19~20日に分散している。

 東京国際空港ターミナルも3日、羽田空港の同期間の出入国動向推計を発表し、旅客数は出入国合わせ54万5千人(9.1%増)と推計した。ピークは出国が12日、入国が17日になる見通し。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。