ダイエー、節約志向に対応 値下げ1300品目、5割拡大

 ダイエーは8日、食料品や日用品の価格を下げるキャンペーン「えっ!安い値!」の対象品目を13日から、現在の約1.5倍の1300品目に拡大すると発表した。西友やイオンも同様の取り組みを相次ぎ発表しており、消費者の根強い節約志向に対応する動きが大手スーパーに広がっている。

 ダイエーのキャンペーンは全国のダイエーとグルメシティの176店舗で実施。昨年7月の開始以来、対象品目を順次広げ、今年6月には約870品目まで増やしていた。曜日などを特定したセールの開催でなく、通常の販売価格自体を引き下げることにより安さを印象付け、来店動機を高めるのが狙いだ。

 一方、価格を6カ月間固定する「プライスロック」と3カ月間固定する「チャレンジプライス」を展開する西友は先月、対象を約1000品目拡充。このうち約500品目は値下げを行った。

 イオンも先月、プライベートブランド(自主企画商品)の食品や日用品114品目の価格を引き下げた。値下げは昨秋と今春にも行っており、継続的な実施で低価格をアピールする。

 「日常消費のマインドは依然として弱い」(日本チェーンストア協会)のが実情で、価格競争はさらに続きそうだ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。