アップル、WDの経営権取得を懸念 「東芝メモリ」売却判断に影響 (1/2ページ)

東芝本社が入るビル=1日午後、東京都港区(原田史郎撮影)
東芝本社が入るビル=1日午後、東京都港区(原田史郎撮影)【拡大】

 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、主要顧客であるIT大手の米アップルが米ウエスタン・デジタル(WD)による将来の経営権取得に懸念を示している。取引方針が変わり、記憶用半導体「フラッシュメモリー」の安定調達に支障が出ることへの警戒があるからだ。WDが加わる「日米連合」と東芝の条件闘争や売却先決定の判断に影響する可能性がある。

 関係者によると、アップルはWDが将来取得する東芝メモリの議決権について16%弱であれば容認するが、経営の主導権を取れば、WDにフラッシュメモリーを発注しない可能性があると伝えたもよう。また、東芝と協業する三重県四日市市の工場で生産するメモリーについて、WDが供給割合を増やすよう求めていることにも難色を示しているようだ。

 「メモリー不足がゆえに心配している」と、東芝関係者は指摘する。

 フラッシュメモリーはスマートフォンやデータセンターの記憶装置用に需要が急拡大しており、世界的に需給の逼迫(ひっぱく)感が強い。WDはIoT(モノのインターネット)の普及で増大するデータセンター向けに供給を増やしたい意向だ。

 東芝メモリがWD傘下になれば、アップルのスマホ向けのメモリー供給が滞りかねない。WDが過去にアップル向けの供給を絞り、値上げしたことも、WDへの不信感につながっているとみられる。

日米韓連合、新提案で猛追

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。