日産、国内向け出荷再び停止 問題発覚後も4工場で無資格検査

記者会見に臨む日産自動車の西川広人社長=19日午後、横浜市西区
記者会見に臨む日産自動車の西川広人社長=19日午後、横浜市西区【拡大】

 新車の無資格検査問題が発覚した日産自動車は19日、新車製造の最終工程「完成検査」の一部工程が他のラインで行われ、認定されていない検査員が従事していたと発表した。問題発覚後も無資格検査が続けられていたのは、国内6工場のうち4工場に上っていた。日産は工場からの国内向け出荷を再び停止するとともに、約3万4000台を追加リコール(回収・無償修理)などで再点検する。ずさんな管理態勢が改めて浮き彫りになった。

 具体的には、追浜工場(神奈川県横須賀市)で完成検査の一部の工程が変更されていた。

 また問題発覚後についても、日産の追浜工場、栃木工場(栃木県上三川町)、日産車体湘南工場(神奈川県平塚市)、日産自動車九州(福岡県苅田町)で、無資格検査が行われていたという。

 2日の会見で西川広人社長は「9月20日以降に販売された車両は資格者が検査している」と話していたが、実態は違っていた。西川社長は19日、本社で記者会見し、「再発防止策を信用してくださった皆さまに大変申し訳なく、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。自らの経営責任に関しては「再発防止の徹底と生産を正常に戻すことが責任だ」と述べ、進退への言及を避けた。

 再点検するのは、9月20日~10月18日に製造された在庫車約3万台と、販売済みの約4000台。国内販売向け生産も止めており、再開までに2週間はかかるという。

 日産は、セキュリティーゲートを設けて検査員以外は入れないようにすることや、外部機関による監査の実施などの対策を講じるという。